ブログ

焙煎玄米通販の玄米屋店主のブログ。水蒸気焙煎によるこだわりの美味しい玄米についてなど様々書いています。

焙煎米の秘めた力

2018年11月29日
ホームページ
保存食、離乳食、糖尿病食、食べやすい玄米食、手軽に作れる玄米甘酒、
保存食
現在、市場に出回っている、お米は、ほぼ、全国統一された、含水率、14.5%前後のお米です、これに対して、焙煎米の含水率は、10%以下を、目標として、作っています、此の為、保存期間も、5年位は十分持ちます、従って、保存食としても、満足できるものと、かんがえます。水さえあれば、例え、火が、使えなくても、冷たい,お茶ずけ、のようなものですが、腹を、満たす事ができます。
離乳食
こだわりのお米、無農薬、有機栽培、のお米を使って、ミネラル、ビタミン、植物繊維、を、豊富に、含んだ、離乳食の開発が、期待できます。
糖尿病食
調理法で、焙煎米から、澱粉を、洗い出し、糖質カット、による調理が容易にできます。要望があれば少々価格は高くつきますが、糖質カット、の焙煎米も製造できます。

素蒸気焙煎米の特徴

2018年11月28日
ホームページ
水蒸気は、炭火、遠赤外、ガス、と、どのような違いがあるのでしょうか?前者は直ぐに焦げたりはしません、が、後者の場合焦げやすく、時間を掛けると、焦げ、更に、時間をかけると、もえてしまいます、蒸気の場合、焦げるまで、続けるには、気が遠くなるほど、時間をかけなくてはなりません、炭火、ガス、遠赤外線、による焙煎法を、仮に、酸化焙煎とするなら、水蒸気焙煎は、還元焙煎と言えるのではないでしょうか、したがって、酸化焙煎による、焙煎の際に、物を酸化させる欠点がありますが、還元焙煎による、焙煎では、物を、酸化させることはありません。このことは、大変大きな有利性が、あると、私は、そう思います、特に、油など酸化することで、いろいろと、問題もでてくることとおもいます。

水蒸気焙煎とは?

2018年11月28日
ホームページ
焙煎とは、炭火、ガス、遠赤外線(電気)、の、熱エネルギーを使って行うものと、私は理解しています。水蒸気焙煎とは今までも現在も、世の中にはまだ、無い加工法、で、上記エネルギーと全く異なり、水蒸気の熱エネルギーを使った、焙煎法によるものです。何故、水蒸気で焙煎ができるのか、水蒸気のもつ熱エネルギーが想像以上に大きいこと、これが、一番の理由です。分かり易く、説明しますと、100°cの熱風では、何もおきませんが、100°cの沸騰する、やかんの、注ぎ口から、吹き出す蒸気に手を、差し出すことは、出来ません、即、火傷をします、これは、熱エネルギーに加えて、空気と水蒸気の、比熱の大きな違いもありますが、空気の比熱に比べ、水の比熱は、おおよそ20倍あります、更に、蒸気には、圧力を、加える事により、非常に大きな熱エネルギーが生まれます、大気圧(1気圧)の先ほどの沸騰する、やかんの注ぎ口から、吹き出す水蒸気の、熱エネルギーを、1と仮定します、空気を抜き取った、真空状態に近い、密閉容器の中に、蒸気を、約3気圧まで、入れますと、約130どcになり、その時の、熱エネルギーは、先ほどの、沸騰する、やかんの、注ぎ口から噴き出る水蒸気の、熱エネルギーの、約700倍の熱エネルギーになります。この、大きな熱エネルギーの利用から、うまれたものが、水蒸気焙煎米です。

焙煎米とは?

2018年11月25日
ホームページ
1水に漬け込んでおくだけで、食べる事が出来るお米です。
2災害食として、とても便利です。
3外観は琥珀色で、香ばしくとても美味しいお米です。
4どれ位水に漬け込んで置いたらよいですか?
5おおよそ4時間位ですが、少々硬くても良ければ、2〜3時間で十分です。
6何故みずに漬け込んで置くだけで、食べる事が出来るのですか?。
7お米に、目に見えない、小さな穴が無数にあるからです。
8分かり易く別の表現をしてみます、スポンジは水を良く吸収しますね、スポンジのように水を吸収しやすいお米だからです。
おなじ、町内の、自然食品の店、ヒノモト さん、

通常の玄米との違いその2

2018年11月24日
ホームページ
玄米は栄養面で大変優れた食材ですが、白米と比べて炊飯が何かと大変です、圧力釜が必要とか、一般の炊飯器で炊き上げるには、炊飯前の漬け込みとか、玄米モードで、炊き上げなくてはいけないとか、取り込みに尻込みするような、事が多々あります。